しまね大交流会2015開催レポート

しまね大交流会2015開催レポート

しまね大交流会の様子

キックオフセミナーに先立って行われた「しまね大交流会」は、「未来を担う若人と地域の人・シーズ・ニーズが出会う大交流会」がテーマ。島根県内の高等教育機関の学生・教職員を含む、地域の多種多様なステークホルダーが一堂に会する機会として企画され、企業や団体と学生が交流する催しとして、これまでにない大規模なものとなりました。当日は企業から68、自治体から31、NPO・その他団体から36、各大学・高等専門学校から96の合計231団体が238のブースを出展し、事業内容や研究成果を紹介。10時から14時という短い時間でしたが、来場者だけでなく出展者同士の情報交換も随所で見られ、積領的な交流が図られました。また、参加した学生も各ブースを回り、担当者からの説明を熱心に聞いていました。学生にとっては普段とは違う刺激を受ける良い機会となったのではないでしょうか。

来場者の声

協栄金属工業株式会社 小山久紀さん

face01

弊社は雲南市で、多品目の金属加工製品を製造しています。仕事は県外からも受注をいただいていますが、人材はぜひ地元から得たいと思っています。今回の交流会では企業同士で実際にビジネスの広がりがありましたが、学生さんに弊社を知ってもらう良い機会にもなりました。これまでは地元企業のことを学生さんが知らない、という状況があったと思います。企業のことを理解しないまま就職すると、どうしても離職率が上がってしまいます。それを解消するためにも、インターンシップや職場見学を大学と企業が協力して積極的に進め、お互いの溝を埋めていかなければなりません。長く地域で活躍する人材を育てるためにも重要なことだと思います。

NPO法人松江サードプレイス研究会 福村敬香さん

サードプレイスとは「家」「職場・学校」の間を結ぶ第三の場所のことです。私たちは様々なプロジェクトを進めることで、松江市を中心にゆとりと生きがいを創造していくことを活動の柱にしています。
今回、縁あってこの交流会に参加しましたが、大学が主となってこういった催しを開催することは素晴らしいと感じました。ブースをまわってみて、いろいろな団体を知ることができましたし、学生さんの多彩な研究内容も興味深かったです。
島根大学には、地域との連携をさらに期待しています。他県から島根に来ている学生さんも多いと思いますが、せっかくですからもっと松江に興味を持って、どんどん街に出て地域を知って欲しいと思います。

雲州志士の会 吉廣之晴さん

雲州志士の会は、企業経営者の有志で結成された団体で、島根県の経済や産業をどう盛り上げ、全国に広げていけるかを考えながら活動しています。当然、経営に携わるメンバーが多いのですが、みな共通して願っているのは、学生さんが大学で学んだことをぜひ地元の企業で活かして欲しい、ということです。経営者は、会社をともに運営していける人材を求めています。そういう意味で、企業と学生が交わるこういった催しは双方にとって有意義だと思います。
島根大学に期待することは、産業や市場といった視点をさらに取り入れて、研究分野を広げていただくことです。それによって、企業もより大学を頼りやすくなり、連携も強まるのではないでしょうか。

島根県立大学 総合政策学部3年生 赤名真悠子さん、伊藤歩実さん

私たちは、江津市にある「風の国」という温泉リゾート施設の集客策について、調査研究をした結果を展示しました。学生の視点で集客策を考えるという課題に対して、島根県立大学の学生が企画し「風の国」と江津市にプレゼンテーションしたもので、幾つかの案は今後実際に実施されるかもしれません。
今回の交流会でいろいろなブースを見学できて、とても良かったと思っています。特に島根大学は学部が多く、展示の内容も多彩で刺激になりました。私たちは浜田キャンパスなので松江や出雲とは距離もあり、島根大学の学生さんと普段あまり関わることがありません。今後もっと大学同士のつながりが強まれば、新しいことにも挑戦できそうな気がします。

島根大学 生物資源科学部4年生 磯本光志さん

植物育種学研究室として植物の品種改良について出展しました。大勢の方がブースに来られましたが、中にはビジネス目的の方もいて、とても刺激になりました。これまで企業の方と話す機会があまりなかったので、自分たちの研究が社会に対して有用なものだと実感できたことが一番の喜びです。地域の大学として、ここでしかできない特色のある研究をやっていくことが重要なのだと感じさせられました。
空いた時間に他のブースを見て回ったのも良い経験になりました。自分の知らなかった研究分野や企業のことを知ることができましたし、他大学の活動も興味深かったです。今後こういった催しがあれば積極的に参加したいと思います。

しまね大交流会2015の様子