生物資源科学部

生命・生産・環境、
3つの柱で地域を支える人を育てる

 

 生物資源科学部では、生命科学、農林生産、食料、農業経営・経済、生態環境に関する幅広い知識を学び、多面的な視点から物事を考察して、食料の安全性と品質の向上や持続性の高い食料生産の実現、森林・水・土環境の保全・修復、生命現象の解明とその応用技術の開発や機能性食品・医薬品開発などの領域で活躍できる人材を養成しています。​

 COC人材育成コース【生物資源科学部】では、専門知識の地域実践、積極的な学際的学びを通じて、多様性の中から生まれる発想を伸ばし、特に山陰地域のニーズとして要望が高い食品製造業、ヘルスケア産業、六次産業化、環境技術などの分野で、イノベーションの創出にチャレンジする強い意志を持つ入学生を待っています。

【生物資源科学部COC人材育成コースで育成する人物像】

生物科学科 山陰の生物相に興味を持って深く理解し、生物科学を学修して獲得した論理的・批判的思考力を生かして、山陰地域に貢献できる人材
生命工学科 ライフサイエンスとバイオテクノロジーに関する基礎学力と技術を有し、島根県を取り巻く現状を深く理解して、地域社会の課題解決に主体的に取り組むことができる人材
農林生産学科

<農業生産学教育コース>
農産物の生産とその品質・安全性に関する基礎的な知識と技能を幅広く修得することにより、地域資源を活用した持続可能な農業生産、地域特性を活かした高収量、高品質な農産物の生産と加工利用に取り組める人材、また、産官学で連携し、地域課題を解決出来る人材

<森林学教育コース>
森林そのものや森林を取り巻く土・水といった環境、森林を育て管理する造林や森林計画、森林を利用する林業機械やバイオマス利用、それらを支える情報技術、社会との接点である経済・政策などの森林に関する知識と技能を幅広く総合的に修得し、地域との連携を通じて、森林資源の持続的な保全・活用を総合的に考え、地域の課題を解決できる人材

<農林生態科学教育コース>
植物・昆虫・微生物に関する基礎的な知識と技能を幅広く修得することにより、地域資源を活用した持続可能な農林業生産、農林生態系と環境の保全・活用に取り組める人材、また、産官学で連携し、地域課題を解決できる人材

<農村経済学教育コース>
農業経済学・農業経営学・地域経済学など、地域を元気にするための最新の学問の教育を通じて、食と農、地域振興に関する幅広い知識および地域を活性化させるための問題解決能力を備えた人材、また、産官学の連携を通じて、地域社会を支えることができる人材

地域環境科学科 山陰地域に魅力を感じ、地域社会の持つ豊かさや課題を深く理解し、地域社会の活性化に貢献できる人材  


【卒業後の進路イメージ】

地域の生物資源を活かせるリーダーとして・・・

・地域農林水産分野の六次産業化牽引​
・地域特産食品の機能開発​
・中山間地域のくらしを豊かに​
・生態系の保全と修復、利活用