法文学部

人と共に生き、地域の豊かさに貢献する

 地域は人びとが暮らし、日々の営みを積み重ねてきた場所です。先史時代からの長い時を経て、独自の文化が育まれるとともに、固有の社会的問題を抱えています。COC人材育成コース【法文学部】では法学、経済学、社会学、地理学、文化人類学、歴史学、考古学、文学、言語学、哲学、芸術学など法文学部を構成する専門教育のいずれかに軸足を置きつつ、様々な学問領域から地域を見つめ、その問題解決を考えていきます。たとえば、石見銀山の歴史を学びながら、観光資源としての側面や観光化がもたらす問題について、重層的・複合的な視点を持って考えていきます。
 地域の人びとと共に歩み、地域の価値を再発見し、地域の豊かさに貢献します。

法文学部COC人材育成コースで育成する人材像】

文化や社会に関する専門知識を有し、その知識を地域の人びとの暮らしと生に役立てることができる実践力をもった人材

【卒業後の進路イメージ】

  • 地方自治体の職員として、地域作りに参加する。
  • NPO法人の職員として、地域の人びととともに歩む
  • 中学高校の先生として、地域を支える人を育む