オールしまね協働教育フォーラムを開催しました。

 2018年3月16日(金)、島根大学松江キャンパスの大学ホールを主会場として「オールしまね協働教育フォーラム」を開催し、地元企業、行政、教育機関などから約150人が参加しました。

 本フォーラムは、「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の平成29年度成果報告と、島根・鳥取の企業等と島根県内の大学・高専が共に地域で活躍する人材を育成していくために立ち上げた「しまね協働教育パートナーシップ」のキックオフセミナーとして、島根大学・島根県立大学・島根県立大学短期大学部・松江工業高等専門学校・島根県の共催により実施したものです。

 島根大学服部学長による開会挨拶の後、第1部「オールしまねCOC+事業」平成29年度成果報告では、島根大学の教育改革、就職支援等の取組を島根大学地域未来戦略センター高須COC+部門長より報告しました。

 第2部「しまね協働教育パートナーシップ」キックオフセミナーでは、NPO法人ETIC.代表理事 宮城治男氏に「企業成長戦略としてのインターンシップ事業」と題してご講演いただきました。また、島根県立大学キャリアセンター久保田センター長、島根大学キャリアセンター丸山准教授、島根県商工労働部雇用政策課田中課長より各機関の報告を行いました。

 続いて、Q&Aセッションとして、以下のパネリストが会場からの質問に答えながら意見を交わしました。会場からは70以上の質問票が集まり、参加者の関心の高さがうかがえました。

 最後に、島根大学佐藤副学長の閉会挨拶でフォーラムが締めくくられ、場所を移して、企業・行政・教育機関の関係者による交流会も開催されました。

 参加者からは、「インターンシップに対する意識や考え方が変わった」「学生と企業とが成長できるインターンシップを実現していきたい」といった声をいただき、大変有意義なフォーラムとなりました。

 当日は多数のご参加ありがとうございました。

 

  • Q&Aセッションパネリスト(敬称略)

 NPO法人ETIC.代表理事       宮城 治男

 島根県立大学キャリアセンター長  久保田 典男

 島根大学キャリアセンター准教授  丸山 実子

 島根県商工労働部雇用政策課長   田中 麻里

  • 司会・進行

 島根大学キャリアセンター講師   田中 久美子

 島根大学地域未来戦略センター講師 高須 佳奈

 開会挨拶(島根大学 服部泰直学長) 会場の様子 
 COC+事業成果報告(島根大学 高須佳奈COC+部門長) 基調講演(NPO法人ETIC.代表理事 宮城治男氏) 
 島根県立大学キャリアセンター 久保田典男センター長 島根大学キャリアセンター 丸山実子准教授 
島根県商工労働部雇用政策課 田中麻里課長  Q&Aセッションの様子 
閉会挨拶(島根大学 佐藤利夫副学長)