しまね協働教育パートナーシップ2017研修会を開催しました。

1月17日(火)、「しまね協働教育パートナーシップ2017研修会」を開催しました。

今回の研修会は企業、自治体、NPO、高等教育機関等のインターンシップ担当者を対象に行われ、島根県内から23名が参加しました。

 

本研修会は、NPO法人ETIC.の伊藤氏、瀬沼氏の講義やワークショップを通じて、学生のニーズにマッチし、企業にとって価値あるインターンシップの開発について学ぶことを目的として行いました。

研修会の前半にインターンシップの種類、課題や実例について学び、後半はグループに分かれてインターンシッププロジェクトを設計するワークショップを行いました。まず、グループの中の1社の事業概要、課題等についてグループ内で詳細なヒアリングを行います。その後、どのような強み、あるいは課題にフォーカスしてインターンシップを受け入れるのかを決め、インターンシッププロジェクトを設計しました。ワークショップではどのグループも活発な意見交換が行われ、グループごとのインターンシッププロジェクトを発表する場では「次回からのインターンシップをバージョンアップさせたい」、「ヒアリングで自社の弱みをさらけ出すことになったが、多様な立場からのアドバイスが参考になった」、「より一層教育機関等との連携を強めたい」等の声が聞かれました。

しまね協働教育パートナーシップでは、今後もこのような研修会を企画していきます。

 

しまね協働教育パートナーシップについてはこちら

 

ワークショップの様子

IMG_0186 IMG_0305 IMG_0316 IMG_0336